PRODUCTS

MPD-100S

MPD-100S

MPD-100S
採便管用PCR前処理装置
100検体用

 

PCR法による保菌検査 前処理工程を自動化

検体の懸濁液を自動作製

50検体プール(混合液作成)を自動化

 

特許取得済み


検体(採便管)架設数:最大100本
1ラック=最大50検体
1ラックのみの運転も可能です

 

専用の希釈容器に希釈液の自動分注を行います
希釈液分注量:50μL~200μL(50μL単位で設定可能)

 

専用希釈容器(100検体用)※意匠登録済み
内周50ウェル+外周50ウェル
容器交換が簡単
しかもリーズナブル


便検体の懸濁液を自動作製
希釈容器の希釈液に採便棒を浸漬撹拌懸濁液を作製します。

 

撹拌動作は変更が可能
処理速度と懸濁液濃度のバランスを見ながら、回数、速さ、種類(上下動/回転)などを
自由に組み合わせることができます。

 

コンタミ防止設計
希釈ウェルの直上でのみ、採便管の開閉を行います。
また、希釈ウェルと近隣のウェルとのクロスコンタミを防止するカバーを搭載しています。


懸濁液の集約を自動化
50検体分の懸濁液を1本のチューブに集約(混合)します。

 

集約用チップは50検体に対して1本使用
だから経済的。

 

選べる集約容器
5.0mlスピッツ管 (50μL/検体 × 50 = 集約量2.5ml)
2.0mlフタ付きマイクロチューブ
(30μL/検体 × 50 = 集約量1.5ml)

 

バーコード読み取り
採便管(検体)IDバーコード、集約IDバーコードを自動で読み取ります。
検体IDと集約IDの紐付け検索が可能です。

製品動画

MPD-100S カタログ PDF  (949KB)

仕様

商品名 採便管用PCR前処理装置
型式 MPD-100S
検体架設数 最大100検体(50本ラック×2個)
希釈容器 専用希釈容器(100検体用)
集約容器 5.0mlスピッツ管(Φ12.5mm x 77mm) x 2本
もしくは2.0mlフタ付きマイクロチューブ x 2本
チップ 200μLワイドボアチップ x 2本
その他機構 UV殺菌灯(天井部に装備)
外部通信 USB2.0 x 1USB2.0 x 1
処理能力 100検体/約21分
電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 約180VA
外形寸法 W957mm × D750mm × H1,040mm(パトライト除く)
重量 約130kg

 

製品に関するお問い合わせ

お気軽にお問合せください